スモーカーのマイルやsimや海外旅行記など。

喫煙者のSFC修行記や、simフリースマホ、旅行記を公開していきます。

SFC修行 2ndレグ シンガポールひとり旅 その1

SFC修行2ndレグ、成田~シンガポールの一人旅。

1月5日にメルボルンから帰国し、2日後の1月7日に出発。

2017年1月7~9日の修行日程です。

夏、冬、夏と、慌ただしく季節がめぐります。

 

今回、職場の友人に振られ、気分は始めてのおつかい。

3月の連休には、職場の友人達が修行に付き合ってくれる事に決まったので、下見旅行になります。

 

始めてのプレミアムエコノミー!

f:id:smoker110:20170608220248j:image

 始めてのプレエコだったので、プレエコのメリットをすっかり忘れていました。

 

自宅からJR武蔵野線に乗り、東松戸で乗り換え、成田空港へ向かいます。

16:50のフライトなので、東松戸で乗り換えの際、東松戸駅ガード下の「いちげん」でランチ。

 

この店は外食モニターにも出てる店だな。と思いながら、ゆっくりコーヒーまで飲んでから空港へ向かいました。

 

チェックインを済ませて我にかえりました!

「プレエコ、ラウンジ使えるじゃん❗」

やっちまいました、メシ喰っちゃった…。

 

成田空港ANAラウンジ初潜入

f:id:smoker110:20170608222051j:image
入口付近は混んでいましたが、奥の席は割りと空いていました。

f:id:smoker110:20170608222244j:image

お腹は空いていないけど、折角なので少しいただきます。

食べ物は、成田も羽田も変わりないですね。
f:id:smoker110:20170608222104j:image

アナウンスが流れ、シェフサービスで握り寿司が出てきました。

f:id:smoker110:20170608222531j:image

サーモンとエビの握りをとり、マグロをのせて!とお願いすると、一人二貫だそうで…。

でも、おかわりできるからまた並んでと言われ、行列が解消するまでおあずけ。

人もまばらになる頃合いをみて、もう一皿いただき、二皿まとめていただきました。

f:id:smoker110:20170608223037j:image

日本は本当にタバコに対してユルいです。

ラウンジにはちゃんと喫煙所完備。

f:id:smoker110:20170608223206j:image

飛行機を眺めながらいっぷく。(-。-)y-~

 

いざプレエコ❕

一昨日はフルフラットシートだったのに、今回はリクライニングしかしません。
f:id:smoker110:20170608224634j:image

十分広いはずが、なんか狭く感じます。

エコノミーなんてもう忘れました。(笑)

f:id:smoker110:20170608225230j:image

 ANA機内食、美味しいですね。

中国国際航空のビジネスより全然いいです。

 

CAさんも日本語なんですよね🎵

この5年間、LCCやら何やらで、安い飛行機しか乗ってなかったので、日本人CAすごく新鮮です。

 

機内エンタメも粋かしてます。
f:id:smoker110:20170608225905j:image

凍ってるね🎵

う~ん🎵

f:id:smoker110:20170608230053j:image

私のと同じセリカがモニターに!

(正しくはST-165では無いのだが…。)

f:id:smoker110:20170608230323j:image

 私的に一番の名作、「私をスキーに連れてって

ANA最高です!

 

ひとりで浮かれていたら…。

f:id:smoker110:20170608230535j:image

ビジネスクラスのデザートもしっかり出てきました。

 

日中のフライトは、プレエコで十分です。

そんなこんなでチャンギ空港に到着。

f:id:smoker110:20170608231004j:image

う~ん、チャンギだ~って感じです。

とりあえず空港に着いたので、喫煙所で一服。

蒸し暑さもシンガポール来た!って感じます。

 

シンガポールのタバコ持ち込み

禁煙先進国シンガポール

  • IQOSを含む電子タバコの持ち込み禁止!
  • タバコの持ち込み、免税枠なし!
  • 屋内全面禁煙
  • ポイ捨ては高額な罰金

 

愛煙家には辛そうな国です。

ポイ捨ては罰金以前に論外だと思いますが…。

 

シンガポール、3つのミッション❗

 

ミッション 1

吸いかけのタバコは無税で持ち込めるのか?

口コミでは、吸いかけのタバコは、グリーンレーンで見逃してくれると散見しました。

実際にやってみると…。

 

係官「申告してこい」

 

がっかりです。

 

税関にタバコの申告をしに向かいます。

 

現地通貨を持ってないので、まずはクレジットカードで納税できるかを確認。

納税はクレジットカードOKだそうです。

 

で、吸いかけのタバコを申告。

 

係官「これ一箱か?」

私「ええ、これ一箱です。」

係官「OK、行っていいよ。」(面倒臭そう)

 

と、税関はすんなりOKしてくれました。

 

なので、グリーンレーンを通り抜けました。

(止められたら文句言う気満々で。)

 

結果、原則は持ち込み禁止だけど、一箱に満たなければ、現場の裁量で持ち込みを認めるようです。

(持ち込みは自己責任で。)

 

ミッション 2

現地SIMを手に入れろ!

T2出口の目の前に、SIM売り場を発見。

ATMで現地通貨をキャッシングして、SIMカードを買いに行きます。

M1の5日間、100ギガのプランを、S$15で購入。

カウンターで開通手続きまで簡単にやってくれます。
f:id:smoker110:20170608233223j:image

メルボルンでは自力で開通させたので、やって貰える有り難みを噛み締めました。

 

ミッション 3

Uberを使いこなせ!

深夜の到着の為、あとはホテルにチェックインして、今夜は眠るだけだったので、初のUberに挑戦!

 

急がないなら安いに越した事が無いので、Uber pool という、相乗りをしてみる事に。

 

アプリを立ち上げ、目的地のホテルと、ピックアップ場所を入力、見積金額を確認して、配車を依頼。

 

引き受けてくれた車のナンバーと、ドライバーの顔写真が表示され、ものの数分で車が到着。

 

既に後部座席に一人先客がいたので、助手席へ。

もう一人待つのかと思いきや、そのまま出発。

 

先客を降ろし、ホテルへ向かう途中、もう一人乗せていいか?と聞かれたので、快くOK。

 

一人ピックアップして、ホテルまで乗せて貰い、後は降りるだけ。

 

事前にクレジットカードを登録してあるので、降車後にメールで領収証が届いておしまい。

 

Uberは非常に楽チンでした。

 

翌日はいよいよ下見の街歩きです。

 

Uberはオススメ!

メリット&デメリットは次のとおり。

 

メリット
  • 事前におおよその運賃がわかる。
  • キャッシュレスなので、現地通貨を持ってなくても問題無し。
  • 流しのタクシーが居なくても来てくれる。
  • ドライバーの評価が表示されているので、評価の悪いドライバーはキャンセルできる。

 

デメリット
  • クレジットカードの登録が必要。
  • 時間帯によっては高くなる。
  • 到着予想時刻がたまに遅くなる。
  • ドライバーから逆評価される。
  • 流しのタクシーを捕まえた方が早い。

 

個々の考え方による処は大きいですが、私は「有り」だと思います。

 

登録はこちらからも出来ます。

Uberの登録はこちらからどうぞ。(知人向け) - スモーカーのマイルやsimや海外旅行記など。

 

日本でも都市部以外でUberが機能すれば、老人が運転免許を返納し、若者が余暇をボランティア感覚で通院や買い物のサポートが出来るのにと思います。

 

私も高校時代、バスとのタイミングが合わず、10キロ歩いて帰ってきた事がありました。

バス通りで私を追い抜いて行く車の多くが、同じ方向に向かっている事を考えるにつけ、乗せてくれればいいのに。と思ったものです。

 

私が車に乗るようになり、同じような歩行者が居ても、嫌がられるのも不快なので、車を停めて声をかける事はありませんが、私がUberの登録をしていて、歩行者がアプリで呼んでくれれば、無料でも乗せてあげるのに…。と思う今日この頃です。

 

Uberは、日本では白タク扱いで違法になるようですが、タクシー業界の保護だけでなく、社会の利便性というより、生活弱者の生活向上にUberを検討して貰いたいものです。

 

業界の保護っていったって、Uber使って病院に行く老人は、元々タクシーなんて使わないんですし、元々タクシーを使う人は、やっぱりタクシーを使うんでしょうにね。

 

ポイントサイトの薦め(知人向け)

ポイントサイトで小遣い稼ぎ

1.ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

[http://www..com/賢い人のお得なサイト | ハピタス:title]

最初はハピタスをオススメします。

 

両親と妻との四人でポイントサイトに登録し、半年がたちましたが、ポイントサイトからソラチカルートでマイルを貯め、ANA SKYコインに交換しました。

 

25万弱のポイントが、22万マイルになり、37万円強のスカイコインになりました。

これで航空券を買います。

 

年末年始は、家族6人分の往復の飛行機代が実質無料になりましたので、約一週間日本を離れ、初日の出はアンコールワットに行く予定です。

 

2.ちょびリッチ


f:id:smoker110:20170624164407j:image

<a href="http://www.chobirich.com/introduce/?3020242" target="_blank">

 

陸マイラーに迎合しているポイントサイト。

緊急案件が狙い目。

 

 

SFCシンガポール修行計画 1

一人旅は不安…。

私は今まで一人旅をした事がなかったので、不安で悩みました。

 

1stレグは、父と二人旅になったので、2ndレグのシンガポールも、誰かを道づれに出来ないかと画策。

 

職場の友人を巻き込むべく、裏工作を開始。

 

2ndレグの当初予定は次のとおり。

1月6日は仕事始め。仕事が終わり次第羽田空港へ。

1月7日0:10発の往路フライト。NH843便。

1月9日10:55発の復路フライト。NH842便。

これに他人を巻き込もうとしていました。

 

シンガポールに行こうよ🎵

'16年のお盆休みに家族で高雄&墾丁に旅行するに先立ち、7月に職場の女性2人を伴い、高雄に下見旅行に行ってきました。

 

これに味をしめ、今回も女性2人に声をかけると、半年前に転職してきた男性社員も連れていこう!という運びに。

 

シンガポールは高いね。

前回の高雄は、往路バニラエア、復路タイガーエアと、LCCで下見でした。

 

シンガポール直行便は、これに比べて安い訳がありません。

 

しかも、私は修行ありきなので、ANAのプレミアムエコノミー。

 

どうやって皆を引きずり出したものか…。

 

パスポート持ってない⁉

 転職してきた彼、海外旅行経験なし、パスポートなし、乗り気なし。

 

3拍子が揃ってました。

 

まずはパスポートを取得させるべく「説得」。しかし、なかなか動きません。

ま、乗り気じゃないので当然ですが…。

 

そんなことをしていたら…。

 

予定の便でプレエコ売り切れ

がび~ん…。

 

やってしまいました。

取り急ぎ、代替えルートを予約しないと、修行予定が全部狂ってしまいます。

 

グループ旅行を諦め、一人旅決定

ANA旅作にて、往路1月7日14時45分頃の成田発、復路NH802便1月9日6時30分発、宿はフレグランスホテル インペリアルを予約。

 

立て続けに確定申告明けの、3月18日~3月20日のプレエコを予約。

また売り切れたら、たまったものではありません。

 

そして、グループ旅行は、3月実施に変更して説得を続ける事になりました。

 

始めての一人旅。

 

気分は、始めてのおつかいって感じです…。

 

さて、どうなることやら。

 

※2016年11月頃のお話です。

 

SFC修行 メルボルンから帰国

メルボルン市内から空港へ

ホテルをチェックアウトし、ホテルに荷物を預けたまま市内観光。

その後、市内観光を早めに切り上げ、空港へ向かいます。

 

帰路の飛行機


f:id:smoker110:20170603125546j:image

帰路は、CA166便ーCA181便です。

行きのフライトでは、間違ったマイレージ番号が記載され、マイルが積算されていなかったので、帰りはしっかり確認しました。

 

市内から空港までの移動手段

選択肢は次のとおり。

  1. SkyBus
  2. タクシー
  3. Uber

SkyBusは、ホテルまでの巡回バスの時間がよく解らす、サザンクロス駅に行くのも面倒なので、却下。

 

タクシーか、Uberかで迷いましたが、Uberを手配するよりも、目の前にいるタクシーに乗るほうが楽だったので、タクシーで空港に向かいます。

 

ホテルウインザーから空港までは、45ドル程度。

父と二人なので、納得のお値段です。

 

Uberは、以下からアプリをインストールできます。

Uberの登録はこちらからどうぞ。 - スモーカーのマイルやsimや海外旅行記など。

 

メルボルン空港の喫煙所

公式HPで空港内は全面禁煙とあり、喫煙所が解らなかったので、改めて現地調査しました。

 

出発階の喫煙所

T1入口には禁煙エリアと書かれていますが、入口に向かって右方向に歩いていくと、禁煙エリアが喫煙エリアに変わります。
f:id:smoker110:20170603050425j:image

 

T1到着階(1F)の喫煙所

到着時には気が付きませんでしたが、T1のSkyBus乗り場の先に喫煙所がありました。


f:id:smoker110:20170603051923j:image


f:id:smoker110:20170603051956j:image

出発階とは異なり、到着階の喫煙所は、広々として、そこそこいい感じでした。

 

時間があったので、他の喫煙所も探しに行きます。

 

T2、T3到着階の喫煙所

T1からT2、T3方面に歩いていくと、喫煙所の案内表示を発見。
f:id:smoker110:20170603052319j:image


f:id:smoker110:20170603052411j:image

こちらは囲いもなく、完全にオープンエア。
f:id:smoker110:20170603052451j:image

喫煙所が確認出来たので、満足しました。

 

ここでの喫煙を最後に、羽田空港まではまた禁煙タイムに突入です。

 

メルボルン空港のラウンジ

 今回は、エアチャイナのビジネスクラスだったので、ニュージーランド航空のラウンジが利用できました。
f:id:smoker110:20170603053500j:image

何か飾り気の無いラウンジ
f:id:smoker110:20170603053553j:image

たいした食い物がない
f:id:smoker110:20170603053620j:image

お酒はこんな感じ
f:id:smoker110:20170603053700j:image


f:id:smoker110:20170603053730j:image

とりあえず、あるものでお腹をみたします。

 

ここでタダ酒を飲んでいた父から一言。

「しょぼいラウンジだな。」と…。

 

同感です。

ドバイは飯が旨かったし、高雄はアイスが食べ放題だったし…。

 

早速、プライオリティパスのラウンジにでも移ろうかと、ネット検索…。

無い…!?

残念な事に、メルボルンではプライオリティパスが使えませんでした。orz

 

仕方なくこのラウンジで我慢します。

 

ラウンジよりも優先搭乗

ラウンジがショボかったので、さっさと飛行機に乗り込み、ゆったりとシャンパンをいただきます。
f:id:smoker110:20170603055844j:image

行きはチャイニーズだったので、帰りはウエスタンを頼んでみました。
f:id:smoker110:20170603055912j:image

結果は、惨敗。

写真撮影もせず、ひとくち食べて、ご馳走さま。

とっとと寝ることにしました。

 

北京空港の乗り継ぎ

帰りの北京空港は、乗り継ぎの、手続きが長蛇の列。

皆、苛立ってそうだったので、写真も撮りませんでしたが、大行列でした。

エコノミーもビジネスも関係なし。

 

理由は、パスポートコントロールで解りました。

 

朝の乗り継ぎだったので、荷物検査のゲートが空いてる数が少なかった。

 

おいおい!

北京空港側にはちゃんと乗客を待たせないよう、人民の配置を考えてほしいもんです。

 

f:id:smoker110:20170603062443j:image

行きとは異なり、北京ー羽田間もフルフラットシートだったので、ゴロゴロしながら帰国です。

 

帰りは富士山が、見えるかな?と期待していたんですが、残念ながら雲でよく見えませんでした。


f:id:smoker110:20170603062230j:image

 

ともあれ、2017年1月5日、SFC修行1stレグは無事終了です。

 

1月6日は仕事始め。そして、1月7日からはSFC修行2ndレグが待ち構えています。

 

 

Uberの登録はこちらからどうぞ。(知人向け)

smoker 様から、Uber 無料乗車(最大 ¥1,500 まで)のプレゼントです。お受け取りになるには、こちらのリンクからご登録ください: https://www.uber.com/invite/97guxbywue

メルボルン市内観光 SFC修行inメルボルン

メルボルン市内観光

St Patrick's Cathedral

f:id:smoker110:20170603022326j:image

朝からホテル近くの教会へ。

ゴシック・リヴァイヴァル建築の大聖堂で、外からみても、中からみても、とても美しく、見ごたえのある教会です。

教会には案内用のアプリがありました。

見てみたい方は、下記リンクからご覧ください。

 St Patrick's Cathedral: Catholic Archdiocese of Melbourne - The Cathedral > Home

 

フリッツロイ庭園

f:id:smoker110:20170603023523j:image
26ヘクタールの、広々とした公園を散策。

園内にはビジターセンター、温室やキャプテン クックの家等があります。
f:id:smoker110:20170603022533j:image

キャプテン クックの家では、当時のコスプレもできます。

 

無料のサークルトラム
f:id:smoker110:20170603022430j:image

市内を回るのには、サークルトラムが便利。

市内中心部を循環していて、無料で利用できます。

乗り降りの際には、特段提示する必要もありません。


f:id:smoker110:20170603030547j:image
車窓から眺めるフリンダーストリート駅も、青空に映え、とても素敵です。

 

メルボルン監獄
f:id:smoker110:20170603022742j:image

メルボルン監獄では、ナイトツアーも開催されています。

 

ロイヤルアーケード、ブロックアーケード

f:id:smoker110:20170603023021j:image


f:id:smoker110:20170603023059j:image


f:id:smoker110:20170603031438j:image

アーケードのお店を眺めて歩くのも、愉しみのひとつ。

全体的に雰囲気もいいので、チョコレート専門店でチョコレートドリンクなんてのもオススメ。

 

ドックランズ

アウトレットモールでお買い物。
f:id:smoker110:20170603023150j:image

 観覧車に乗るも良し、ばら蒔き用のお土産物も安く買えます。
f:id:smoker110:20170603023334j:image
ヨットハーバーで、ジェラートを食べ歩き。

 

州議事堂
f:id:smoker110:20170603023450j:image
市内の主要部はサークルトラムだけで、十分みてあるけます。

コンパクトにまとまった街でトラムを使いながら散策を楽しめました。

 

メルボルン市内のタバコ事情

愛煙家には非常に重要なとこですが、市内にはいたるところにゴミ箱が設置されています。

このゴミ箱、灰皿も兼ねている物もあり、喫煙が可能なようです。

反面、飲食店やホテルなどの建物内は禁煙となっていました。(海外では一般的だと思いますが…。)

 

事前に調べると、メルボルンは喫煙に対してかなり厳しい印象を受けます。

しかし、歩きタバコや、ポイ捨てはもってのほかですが、他人に対する思いやりや最低限のマナーがあれば、特に不自由だと感じることはあまり無いように思われます。

 

注:あくまで主観であり、安全を保証するものではありません。喫煙は自己責任で。

 

よそのブログでこんな書き込みがありました。

「本日メルボルンシティ内で違法とは知らずにタバコのポイ捨てにて取り締まりを受けました。」

違法かどうか以前に、ポイ捨てはマナー違反だろ。と思う人には、メルボルンもタバコ事情に厳しいとは感じない。というレベルだと思います。

ペンギンパレード SFC修行inメルボルン

2017年1月3日PM Mt.Jhonのなるほどペンギンツアーに参加しました。

 

フェアリーペンギンを間近で❗


f:id:smoker110:20170602000308j:image
メルボルン市内から約140キロ、フィリップ島では、野生のフェアリーペンギンが、夜になると巣穴に戻ります。

 

この観光エリアでは、海から上陸し帰巣するペンギンのルートに、観覧デッキが設けられ、間近でフェアリーペンギンをみることが出来ます。

 

フラッシュ撮影すると、ペンギンが失明してしまうそうで、一切の撮影が禁止されています。

 

ツアー行程

おおまかな流れは、自然動物園でコアラやカンガルーとふれあい、チョコレート屋でお買い物、レストランで夕食をとり、ペンギンの自生地に立ち寄ってから、ペンギンパレードを見物し、ホテルに戻るというコースです。

 

アルビノのカンガルー

f:id:smoker110:20170602002639j:image
この自然動物園では、カンガルーに餌やりができ、アルビノのカンガルー親子がいました。


f:id:smoker110:20170602002926j:image

コアラと一緒に写真撮影も出来ますが、予約制の為、今回は眺めるだけです。


f:id:smoker110:20170602003317j:image

10数年前にゴールドコーストでは、コアラを抱いて写真撮影が出来ましたが、ここでは横に立って写真撮影をしていました。

 

※入園ゲート前に、トイレと喫煙所が完備されていました。

 

チョコレートファクトリー


f:id:smoker110:20170602003446j:image

 入口付近でチョコレートのペンギンがお出迎え。

妻が台湾で買ったヌガーを気に入っていたので、ここで妻にヌガーと、子供達にペンギン型のチョコレートをお土産に買って来ました。

 

夕食はステーキサンド


f:id:smoker110:20170602003908j:image

 小洒落たお店でステーキサンドイッチを堪能。

他にはカレーや、パスタ等を選ぶことができます。

愛煙家は、オープンテラスでタバコも吸えます。


f:id:smoker110:20170602004234j:image

中身のステーキが見えるように撮影しなかった事に激しく後悔…。

 

海岸線の景色を楽しむ

ペンギンの自生地で景色を楽しんできました。


f:id:smoker110:20170602004457j:image


f:id:smoker110:20170602004550j:image

ここにはペンギン用の巣箱が設置され、写真では確認出来ませんが、中にペンギンの子供が餌を持ち帰る親を待っていました。

 

感 想

爺さんと二人で丸一日、日本語ツアーに参加しましたが、想像以上に愉しめました。

 

今回は夏季スケジュールでのツアーでしたが、いつか子供達を連れて、特典航空券で再訪し、またツアーにも参加したいと思いました。

 

 ●冬季スケジュール
13:40-14:00 メルボルン市内主要ホテルより出発 (夏季は約1時間出発が遅くなります)
15:30-15:50 自然動物園着(カンガルー・コアラ等に餌付け・休憩・軽食可)
16:10-16:30 自然動物園出発
17:00 フィリップ島到着(夕食は各自にて。10-20ドル)
17:30-19:00 ペンギン上陸(ペンギンパレード見学・自由時間)
21:00-21:30頃 メルボルン市内帰着  (夏季は約1-2時間帰着が遅くなります)